人を迎える場所

今日は100円ショップで買った木工用パテから呪われた香りが漂ってきたので蓋を開けて閉めました。
なんとも言えない複雑なニオイだとおもっていたところ、これか!!
(いまタマネギ食った)
とか考えながらご飯を食べていたので唇を噛んだ。 痛い! タマネギの呪い!

春頃から愛用しているフィードリーダーサービス『The Old Reader』のサーバでアクシデントがあって、1〜2日の復旧作業期間を要するもようです。
http://blog.theoldreader.com/post/56209408824/important-update】(英語)
どうもサーバ側のSSDのひとつに異常が発生したままミラーリングがかかったようになったみたい。データはバックアップ時のモノに遡って復旧されるみたいですけど、ひとまずは無事に作業が終了するように祈るものなり。

A面店舗の夜間照明の調整中。白熱灯だとロマンティク過ぎるので白い光の薄明るさにしてみました。
たしかA面店舗B面事務所共に土足禁止物件なので、そのへんをどうしたものか色々思案しています。スリッパ使うなら個数とかサイズとかどこで靴脱ぐとか雨の時とか、人を迎える場所というものには色々あるなあとおもいます。

image

恐怖!! 携帯電話で写したらなんか薄暗い部屋

心の中では楽しい会話

草花を育てる為には心の余裕が大切なのかもしれません。 と、花に水をやる人々のシーンを思い浮かべながらなんとなくそうおもいました。

今週は数々の問題に見舞われたため、ほぼスタジオに篭りきりの一週間でした。
総会話時間約5分とかかもしれない。
あまりに声を出さない日が続くと、いざ会話する場面のときに実際に声を出して喋っているのかどうか自分でも曖昧な感じになります。
もしなんか、ニヤニヤしながら身振り手振りだけで去っていくことがありましたら申し訳ないです。心の中では楽しい会話が弾んでいたはずですのでwww

家具(というか什器)作成はなんとか目処がついて、本来なら今頃は屋内展示に取り掛かっている予定がマシントラブルにより大幅に遅れている状態です。なんというか、動くはずのものがどうやっても動かないという精神的ショックが大きかったです。ぼくはもう古い人なのかもしれない…
マシントラブルに関してはサポートセンターに問い合わせ中で、回答により今後の行動を改めて進める状態です。問い合わせる側に回るのもずいぶんと久しぶりのようにおもえて緊張しました。当面はリペアPCのPentium4 640号機とSempron 3000+号機のコンビで業務をまかなえるものかしらん…

来週もまた、日が昇ったらトンカン作って、日が暮れたら展示の準備とお勉強なり。
オープンソースカンファレンス2013 京都に併せて関西ミュージアム巡りとかしてみたいなあ…難しい現状だけど。

ド、ドリルがぁあぁあ!!

ド、ドリルがぁあぁあ!!

【オープンソースカンファレンス2013 Kansai@Kyoto – オープンソースの文化祭!】

もう寝る。

仕事で使うコンピュータが起動しないのでは仕事にならないですね。
もうコンピュータを使わずに働くしかないのか。
まいった。

image

メモリとCPUとマザーボードと電源と各種組み換えながら試しても一向にBIOS画面に辿り着かない。これ以上検証しようとするともう一式分のパーツが勢揃いする勢いに。これはもうハローワークに相談するしかないのかもしれない!

この広い宇宙の荒野に於いてウチにあるパーツの組み合わせだけが動かないに違いない!
おのれITX!!
もう寝る。