カーネルとブートパーティション

画像

image Linux OSも他のOS、WindowsやMacなどのようにインストール時に自動でHDD領域を作成してくれる機能があります。 そのとき、起動時に必要なデータを収めるbootパーティションも自動で作成してくれるんですが、必要最低限の容量で作られていた場合、次のバージョンへのアップグレードでインストールが失敗してしまう事があるかもしれません。 これはbootパーティションに入ってるカーネルの容量が年々大きくなってきているために起こる問題なので、既存のシステムをアップグレードする前に一度パーティション容量の確認を行なっておくのが安心です。 という事を今朝の自分に言い聞かせておきたかったです… -過去の経験に学ばない人の日記より-  (なんかOSをアップグレードするたびに同じ失敗を繰り返しているなあとおもいました) ※写真はGpartedというパーティション編集ソフトでHDD内のパーティションをリサイズして再配置しているところです。ちなみに復旧したいOS(ディストリビューション)にLiveCDがある場合はそのOSのLiveCDから復旧するのが問題が起こりにくくて良い感じです。

コメントを残す