限界ギリギリまでデータの復元

ここ一ヶ月ほど断続的に復旧を進めてきたコンピュータが再び持ち主の元に戻れる運びになり、ホッと胸を打ち鳴らしています。

取り換えの効く機械は買い替えができるのですけど、掛け替えのない人生の記録の消失を取り返す術を我々人類はまだ持たないのです。うへへ。 データが消失したと定義するその瀬戸際限界ギリギリまでデータの復元を試みるのも我々野良SEの仕事と言えましょう。

絶対MFT探すマン


これは0からFまでの画面。 おしっこをちびりそうになりながら慎重にEnterキーを押す諸行無常の論理の世界だ。

おれはいま この広大な記録領域の中を 失われたMFTの断片を求めてさまよいつづけている。

絶対MFT探すマン 勇敢にセクタエディットを行い やがてちからつき そしてここに眠る。
“実録おれとNTFS 第6291457セクタ 0xF0より抜粋”